はやあし。
散歩のとき、
おとうさんは「速足」です。
いま、「速足」にこってるんです。
犬も、がんばっています。
犬、やせるかもしれません。
<『ブイヨンの気持ち(予感)』より>

はやあし。

散歩のとき、
おとうさんは「速足」です。
いま、「速足」にこってるんです。
犬も、がんばっています。
犬、やせるかもしれません。
<『ブイヨンの気持ち(予感)』より>
11 notes
 
なぜ。
ボール投げが終ると、
散歩に行くために、
いったんお家に戻ります。
犬は、そのとき、ぽとんっと
ボールを落として帰ろうとします。
理由は、誰にもわかりません。
犬自身にも、なぜだかわかりません。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>

なぜ。

ボール投げが終ると、
散歩に行くために、
いったんお家に戻ります。
犬は、そのとき、ぽとんっと
ボールを落として帰ろうとします。
理由は、誰にもわかりません。
犬自身にも、なぜだかわかりません。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>
2 notes
 
これはちがうか。
しばらく暖かい日が続きましたが、
今日は、ひさしぶりに肌寒い。
そういう日には、ブイヨン先生の
梱包芸術が‥‥と思ったのですが、
これは、そう言っていいのか?
芸術に寄りかかっているだけの、
怠惰なアクションのようにも思えます。
どうしたものか‥‥。
<『ブイ先生と共に(未刊)』より>

これはちがうか。

しばらく暖かい日が続きましたが、
今日は、ひさしぶりに肌寒い。
そういう日には、ブイヨン先生の
梱包芸術が‥‥と思ったのですが、
これは、そう言っていいのか?
芸術に寄りかかっているだけの、
怠惰なアクションのようにも思えます。
どうしたものか‥‥。
<『ブイ先生と共に(未刊)』より>
3 notes
 
あっ。
屋上で、人間のおかあさんと
ボール投げしていたら、
おとうさんがやってきた。
おとうさんのほうが、
ボールを遠くに投げてくれるので、
交代してくれてもいいよ。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>

あっ。

屋上で、人間のおかあさんと
ボール投げしていたら、
おとうさんがやってきた。
おとうさんのほうが、
ボールを遠くに投げてくれるので、
交代してくれてもいいよ。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>
10 notes
 
ねこをみる。
おとうさんが、
猫のでるテレビを見てる。
犬が騒ぐので、おこられた。
もう、奥の部屋に行って寝ようかな。
ねこがでる 
てれびをけせば 
いぬがくる。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>

ねこをみる。

おとうさんが、
猫のでるテレビを見てる。
犬が騒ぐので、おこられた。
もう、奥の部屋に行って寝ようかな。
ねこがでる 
てれびをけせば 
いぬがくる。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>
2 notes
 
さくらもち。
犬は食べない桜餅。
だけどかわいい桜餅。
食べられるのを待っている。
おとうさんは二個食べる。
<『ブイヨンの興味(未刊)』より>

さくらもち。

犬は食べない桜餅。
だけどかわいい桜餅。
食べられるのを待っている。
おとうさんは二個食べる。
<『ブイヨンの興味(未刊)』より>
3 notes
 
のぞき。
食事しているところを、
のぞかれているような気がする。
しばらくおまけがラム肉だったけど、
今日からまたさくら肉になった。
替えたばかりのときは、
ほんとうにうまいんだよねー。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>

のぞき。

食事しているところを、
のぞかれているような気がする。
しばらくおまけがラム肉だったけど、
今日からまたさくら肉になった。
替えたばかりのときは、
ほんとうにうまいんだよねー。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>
2 notes
 
るんっ。
ほんと、このごろ、
お天気がよくてねぇ。
おひさまの光も、
まぶしいくらいです。
たりらりらったら〜〜ん。
るんっるるんっるるんっ。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>

るんっ。

ほんと、このごろ、
お天気がよくてねぇ。
おひさまの光も、
まぶしいくらいです。
たりらりらったら〜〜ん。
るんっるるんっるるんっ。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>
2 notes
 
いぬはいぬで。
人間のおかあさんが、
ごはんの用意をしているのですが、
犬は、もう食べ終ってるのです。
だから、もう関係ないんです。
人は人で、犬は犬です。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>

いぬはいぬで。

人間のおかあさんが、
ごはんの用意をしているのですが、
犬は、もう食べ終ってるのです。
だから、もう関係ないんです。
人は人で、犬は犬です。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>
3 notes
 
いまから。
犬は、いまから散歩ですが、
その前に、おとうさんが、
もし、ボール投げをしたいなら、
しますよ。
犬は、そういうことには、
積極的におつきあいしますからね。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>

いまから。

犬は、いまから散歩ですが、
その前に、おとうさんが、
もし、ボール投げをしたいなら、
しますよ。
犬は、そういうことには、
積極的におつきあいしますからね。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>
3 notes
 
まーく。
お天気のいい日の、
「劇団セルフタイマー」公演です。
今回は、おしゃれなピープルに向けて
ファッショナブルな舞台です。
脇を固める役者たちが、
寡黙な、いい味を出してくれてます。

まーく。

お天気のいい日の、
「劇団セルフタイマー」公演です。
今回は、おしゃれなピープルに向けて
ファッショナブルな舞台です。
脇を固める役者たちが、
寡黙な、いい味を出してくれてます。
 
やきゅう。
「劇団セルフタイマー」の
おまけ公演は、
野球のグラウンドです。
あんがい女優も、目で、
ボールを追いかけているようです。

やきゅう。

「劇団セルフタイマー」の
おまけ公演は、
野球のグラウンドです。
あんがい女優も、目で、
ボールを追いかけているようです。
 
はるですぅ。
あっちこっちの花々が、
咲きたくて咲きたくて、
じっとしていられないって感じ。
そういう季節、犬も大好きです。
冬より、いっぱい歩きます。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>

はるですぅ。

あっちこっちの花々が、
咲きたくて咲きたくて、
じっとしていられないって感じ。
そういう季節、犬も大好きです。
冬より、いっぱい歩きます。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>
1 note
 
くんくん。

「人間ドック」から帰ってきた
おとうさんが、
散歩してくれました。
犬がくんくんするのを、
止まってみまもっていました。
おとうさんも興味あるのかな。
<『ブイヨンの興味(未刊)』より>

くんくん。



「人間ドック」から帰ってきた
おとうさんが、
散歩してくれました。
犬がくんくんするのを、
止まってみまもっていました。
おとうさんも興味あるのかな。
<『ブイヨンの興味(未刊)』より>
4 notes
 
じゆう。
この家のなかで、
犬がいてはいけない場所は、
ひとつもありません。
どこで休んでいても、
どこで寝ていてもいいんです。
今日は、めずらしくここにいます。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>

じゆう。

この家のなかで、
犬がいてはいけない場所は、
ひとつもありません。
どこで休んでいても、
どこで寝ていてもいいんです。
今日は、めずらしくここにいます。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>
4 notes